電気代を節約する方法は?

光熱費は、工夫しながら生活することでびっくりするほど簡単に節約にすることが可能です。
日頃から、絶対に必要なもの以外は出来るだけ使わないことです。
中でも電気というのは知らない間に使用してしまうことが多いですが、ちょっとしたことで節約に結びつきます。

 

まずは、使用していないのにずっとコンセントが挿したままになっているものがないかチェックてみましょう。
例えば、使用していないエアコンのコンセントは挿したままになっていませんか?
エアコンのコンセントを挿したまま置いている人は多いですが、エアコンだけではなく電子レンジ、洗濯機、さらには炊飯器なども注意しなければいけません。
以上のような家庭用電化製品は、使う時だけコンセントを挿せばいいので、待機させるだけムダなのです。

 

子機用の充電器も夜間は外しておいても大丈夫です。
電話機にちゃんと充電されているので、充電しっぱなしにすることはなく問題なく会話ができます。
翌朝にでもコンセントを挿せば、日中使うのに支障がありません。
温水洗浄便座なんかも暖かい時期は四六時中スイッチを入れておく必要はありませんので、使用する時にコンセントを入れるように習慣にしておきましょう。

 

また、炊飯器や電気湯沸しポットの保温機能をあんまり使わないというのも電気代の節約として効率的だと言えます。
お湯を沸かした後や、ご飯を炊いたら急いでコンセントを抜きましょう。
沸したお湯は魔法瓶に入れておけば電気を使わずに保温が可能ですし、ご飯は電子レンジを使って温めれば普通に食べることができます。

 

一つ一つ見てみると些細なことのような気がしますが、ちょっとずつ積み上げていけばかなりな節約になります。
常に電気が必要な冷蔵庫は節約を考えたとき、カギを握る電化製品と言えることができます。
度々開け閉めしないようにしたり、ビニールカーテン等を活用するなど冷蔵庫の中の温度が高くならないように気を付けましょう。


電気代を節約する方法は?記事一覧

節約を始める時に、最初にイメージするのが食費を減らすことではないでしょうか?絶対に必要なものを外していくと、無駄に買っている食費が把握できると思います。初めに、冷蔵庫の中身をチェックしてみましょう。結局食べられずに古くなってしまった食べ物はありませんか?特売だからと、飛びついて購入してしまった食材があるかもしれません。食べてしまえなかったものがあるのなら、必要のないものまで買っている証です。それに...

普段の食費を改めることでかなり節約が可能です。食費を削減するためには、買い物の仕方を改善することが大事です。メニューどおりに買うのではなくて、行ったお店で特売商品を探して、賢く使い切ることが節約するのには良いでしょう。買い物をする前に献立を決めておくというのも良いかもしれませんが、そういう時には次の食事に活用できるようなメニューを選択することが大事です。冷蔵庫の中に食料品が余って入っているのは、食...

水道代というのは2ヶ月に1度請求に来るシステムなので、あんまり気にしていない方がたくさんいると思います。ですが、水は日々欠かすことなく利用するものですから、すぐに節約できる項目でしょう。洗濯や入浴に使う水を削減するだけで、相当の節約になります。節水に優れている洗剤を活用すれば、すすぎの回数を少なくすることができます。これなら、すすぎ分の水道代と洗濯機の電気代を節約することが出来ますし、排水量も減ら...

トップへ戻る